史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

2015年01月17日(土) 史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内) (車、徒歩)
金網山西方寺(奈津観音堂)付近の散策、西国三十三番札所めぐりほか(南伊勢町河内) を終えるとすぐ近くにある「史跡 倭姫命腰かけ岩」を訪れた。

こちらも西方寺と同様に昨年末に仙宮神社を訪れた際、訪問できなかったので今回はぜひとも訪れたい場所だった。

【参考】

 

西方寺から仙宮神社方向へと国道260号を進むと左カーブの先には道路へ突き出るほどのマツの木が目に入る。

史跡 倭姫命腰かけ岩付近(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩付近(南伊勢町河内)

 

国道の右側にある南伊勢町営バス 漁連前 バスのりばを通り過ぎて

南伊勢町営バス 漁連前 バスのりば

南伊勢町営バス 漁連前 バスのりば

 

史跡へ近づくとパチリ。

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

 

鳥居の手前には次の説明板が立っている。

史跡 倭姫命腰かけ岩の説明板(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩の説明板(南伊勢町河内)

史跡
倭姫命腰かけ岩
垂仁天皇の御世、皇女倭姫命が天照大神の鎮座地を探し求めて当地を御通過の時、長旅の疲れをいやそうと御休憩された由緒の地であります。
南伊勢町

 

鳥居をくぐるとマツの根元を左に見ながら進んだ。

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

 

すると右側には太い切り株が残されていた。

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

 

その奥には隠れるように次の石碑が建っている。ところで腰かけ岩はどこにあるのだろう?

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

 

私はゲンキ3ネットの記事を拝見していたので迷うことなく腰かけ岩を見つけることができた。

【参考】 腰かけ岩については、こちらの記事が参考になる。

(なお、この記事には先程の太い切り株になる前の状態の写真が掲載されている。)

 

腰かけ岩は、この石碑の裏側にある。

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

 

このかわいい岩(?)だった。

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

 

腰かけ岩を背にして国道方向をパチリ。

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

 

鳥居をくぐり返して

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩(南伊勢町河内)

 

左手を望むとその先には仙宮神社の社叢が望める。

史跡 倭姫命腰かけ岩付近から望む仙宮神社の社叢(南伊勢町河内)

史跡 倭姫命腰かけ岩付近から望む仙宮神社の社叢(南伊勢町河内)

 

この後は、本日の最終目的地である伊雜宮を目指した。

 

【 20150117 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*