古殿地から姿を消した御正殿と・・・(外宮)

2014年06月21日(土) 古殿地から姿を消した御正殿と・・・(外宮) (徒歩)

第62回神宮式年遷宮では両正宮(皇大神宮:内宮、豊受大神宮:外宮)および各第一別宮(荒祭宮、多賀宮)では遷御の儀を終えているが、その他の別宮では今年および来年にかけて遷御の儀が斎行されることになっている。

現在、旧社殿の解体(解体された建築材は御用材として下賜される)および新しい社殿の御造営を一箇所で目にすることができるのは外宮である。

前回の状況からの変化を期待しつつ外宮を訪れた。

【参考】

 

表参道の火除橋を渡り、手水を受けると

外宮

外宮

 

第一鳥居、

外宮 表参道第一鳥居

外宮 表参道第一鳥居

 

第二鳥居をくぐった。鳥居も建て替えられたがすでに時の経過を感じられる。

外宮 表参道第二鳥居

外宮 表参道第二鳥居

 

第二鳥居をくぐり神楽殿の前を過ぎると神札授与所付近でこの木に呼び止められた。「おいで!」

外宮 神札授与所付近

外宮 神札授与所付近

 

近づくと何かを語っている。『式年遷宮で建物や御装束神宝などが一新され常若を維持するなか俺達は古を現在に伝えている。』 両者が背反せずに共存する素晴らしい環境になっている・・・と勝手にこんな声を聞いてしまった。

外宮 神札授与所付近

外宮 神札授与所付近

外宮 神札授与所付近

外宮 神札授与所付近

 

寄り道の後、別宮遥拝所付近から旧宮をパチリ。どうも前回とは様子が異なる。

古殿地から姿を消した旧宮の御正殿(外宮)

古殿地から姿を消した旧宮の御正殿(外宮)

外宮 別宮遥拝所付近から望む旧宮

外宮 別宮遥拝所付近から望む旧宮

(2014年06月01日時点)

 

三ツ石に群がる人々を通り過ごし

三ツ石周辺と古殿地から姿を消した旧宮の御正殿(外宮)

三ツ石周辺と古殿地から姿を消した旧宮の御正殿(外宮)

さらに、パチリ。

古殿地から姿を消した旧宮の御正殿(外宮)

古殿地から姿を消した旧宮の御正殿(外宮)

 

すでに御正殿は姿を消していた。御正殿の棟持柱は内宮 宇治橋の鳥居として再利用されるとのこと。その他の古材も東北地方を始めとする全国の神社にて再利用されるのだろう。ここにも再生の仕組みが引き継がれている。

古殿地から姿を消した旧宮の御正殿(外宮)

古殿地から姿を消した旧宮の御正殿(外宮)

外宮 旧宮の御正殿に架けられた足場と工事用シート

外宮 旧宮の御正殿に架けられた足場と工事用シート

(2014年06月01日時点)

 

新宮と旧宮をパ〜チリ。

現在と過去・・・(外宮)

現在と過去・・・(外宮)

 

御正殿の金物が輝きを放っていた。

現在の御正殿(外宮)

現在の御正殿(外宮)

 

お参りを終えてから板垣に沿って参道を戻る際にパチリ。すべての柱に榊が掛けられている。

外宮 御正宮の板垣

外宮 御正宮の板垣

 

三ツ石の近くから御池を望むと御池越しに見える土宮の新御敷地には簀屋根が建てられていた。

御池越しに望む土宮の新御敷地

御池越しに望む土宮の新御敷地

御池越しに望む土宮の新御敷地

御池越しに望む土宮の新御敷地

土宮の新御敷地に建てられた簀屋根

土宮の新御敷地に建てられた簀屋根

 

別宮への参道を進み多賀宮への石階の手前を右へ進みパチリ。簀屋根の上部が見える。こちらでの祭典は一般の方でも詳細を拝観できる可能性が高い。

簀屋根が建てられた土宮の新御敷地

簀屋根が建てられた土宮の新御敷地

現在の土宮と隣の新御敷地

現在の土宮と隣の新御敷地

現在の土宮と隣の新御敷地

現在の土宮と隣の新御敷地

現在の土宮と隣の新御敷地

現在の土宮と隣の新御敷地

今日は時間がなかったため御饌殿の状況を確認することができなかった。
別宮遥拝所で遥拝の後、外宮を後にした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です