神服織機殿神社および同社末社八所(皇大神宮所管社)

2015年11月22日(日) 神服織機殿神社および同社末社八所(皇大神宮所管社) (車、徒歩)

先週に遷御を終えた神服織機殿神社および同社末社八所(皇大神宮所管社)。先日訪れた時には偶然にも大御饌の儀が斎行されていた。祭儀が終了するのを待って御造替後の初まいりを果たしたのだが、その時には斎庭に雨儀廊等のテントが建てられた状態だった。

本日、斎庭に余計なモノが何もない状態、本来の姿での神服織機殿神社および同社末社八所にお参りするのは初めてとなった。

いつもと違う角度からパチリ。

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

 

参道を進むと

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

 

斎館の一部に違和感を覚えた。手前の雨戸が一枚だけ開けられた状態になっていた。(先週から?)

神服織機殿神社の斎館(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社の斎館(皇大神宮所管社)

 

中央の鳥居へ向かうと

神服織機殿神社ほか(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社ほか(皇大神宮所管社)

 

テントも何も無い。予定通りだった。

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)、八尋殿

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)、八尋殿

 

鳥居の前にて左を確認、

神服織機殿神社、同社末社八所(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社、同社末社八所(皇大神宮所管社)

 

さらに右を確認。

八尋殿、神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

八尋殿、神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

 

一揖してから鳥居をくぐるとまずはこちらにてお参り。続いて西、東。(どの順番が正式なんだろうか?)

神服織機殿神社ほか(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社ほか(皇大神宮所管社)

 

三方に拝して、神服織機殿神社および神服織機殿神社末社八所すべてのお参りを終えると各末社を近くで確認した。

神服織機殿神社末社八所、神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社末社八所、神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

 

別の記事の紹介してように、太神宮両御機殿通俗畧記によるとこちらは「笛宮」と「雅産霊神社」。

神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

 

「笛宮」の屋根には木の実が落下し、素木の板が黒く染まっていた。自然のことだから・・・

木の実で屋根が色付いた神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

木の実で屋根が色付いた神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

 

その実は社殿の下に敷かれたお白石の上にも、

木の実で色付いたお白石(皇大神宮所管社)

木の実で色付いたお白石(皇大神宮所管社)

 

さらには鰹木にも落ちていた。

鰹木等に木の実が落ちた神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

鰹木等に木の実が落ちた神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

 

瑞垣内にまつられている西宝殿(春日)、東宝殿(八幡)はその様子を伺うことはできないのでパス。

神服織機殿神社ほか(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社ほか(皇大神宮所管社)

 

続いては東へと移動して四宮、奏社、寅宮、石神社の四所を真横からパチリ。

神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

 

パチリ、パチリ。

神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

 

こんなに小さな社殿でも造りは精巧で千木の重なり方などさまざまに勉強になる。

神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社末社八所(皇大神宮所管社)

 

新しい社殿ばかりを目にしていたら八尋殿が気になった。屋根も朽ちかけているが修繕されるのだろうか?

八尋殿(神服織機殿神社)

八尋殿(神服織機殿神社)

 

神様はもういらしゃらないので、玉垣の間から覗いたところ柱の根元には玉串が残されていた。あれは10月の神御衣奉織の際に奉られたものだろうか?

八尋殿の柱の根元に残されていた玉串(神服織機殿神社)

八尋殿の柱の根元に残されていた玉串(神服織機殿神社)

 

【参考】

 

最後に神服織機殿神社の新しい社殿を確認していたら

神服織機殿神社ほか(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社ほか(皇大神宮所管社)

 

仕上げの美しさに見惚れ、

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

 

さらには和釘が創り上げた自然の模様にも見惚れてしまった。

瑞垣に付けられた和釘の錆の跡(神服織機殿神社)

瑞垣に付けられた和釘の錆の跡(神服織機殿神社)

 

【参考 神服織機殿神社ほかの御造替・・・】

 

【 20151122 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です