やっと訪れた粥見神社と偶然見つけた大日如来(松阪市飯南町粥見)

2016年08月16日(火) やっと訪れた粥見神社と偶然見つけた大日如来(松阪市飯南町粥見) (車、徒歩)

深野の棚田および周辺の散策を終えると国道166号を奈良方向へ走った。粥見井尻交差点を過ぎ、粥見出鹿交差点を左折するとそこには粥見神社。神社の駐車場に車を駐めるとこちらへ急いだ。

実は今まで粥見神社の近くを通ることは何度も、数えられないほどあったのだが、早朝か夕暮れだったのでお参りすることが無かった。

今回、深野の棚田へは突然の思い立ちで訪れ、それに便乗するかのように粥見神社にお参りすることができた。呼ばれたのだろうか?(笑)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

【参考】

 

まずは粥見神社にお参りを! 道路からこの階段を進み

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

鳥居をくぐると

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

右斜め方向に拝殿への鳥居があり石階を進む。

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

初めてのお参り。いつも通り無心にて!

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

賽銭箱もそうだが、本殿の御垣も新しい様子だった。

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

扁額を確認すると

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

振り返ってパチリ。町並みを見下ろしている、いや見守っている。

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

石階を下るとちょうど中間あたりだろうか、左方向に常夜燈が列ぶ先に

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

立派な蔵が建っている。

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

最初の鳥居近くまでもどると社務所も含めた雰囲気をパチリ。

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

粥見神社では「てんてん」と呼ばれる神事がありTVでは拝見したことがあるが、ぜひともこの場で体感してみたいものだ。

【参考】

 

境内の説明板はこちら。

粥見神社神事芸能「てんてん」の説明板(松阪市飯南町粥見)

粥見神社神事芸能「てんてん」の説明板(松阪市飯南町粥見)

 

粥見神社神事芸能「てんてん」
飯南町無形文化財 平成七年九月一日指定
例祭に奉納される「てんてん」は七百年の伝統があるといわれている。
鼻欠けは「先駆神(はなかけのかみ)」、天狗は導きの神 猿田彦大神、雄獅子(おんじん)さんは天孫 瓊々杵尊(ににぎのみこと)雌獅子(めんじん)さんは木花開耶姫(このはなさくやひめ)に擬せられる。
例祭に当たり、神様をお迎えして御神威により、里内の悪霊邪気を払い、無病息災・五穀豊穣を祈った。天狗の鼻神で頭を撫でてもらうと無病息災の御利益があると言われる。
「てんてん」の名称は太鼓のリズムからその呼び名ができたと思われる。
現在使われている大太鼓は貞享三寅(1686)年、今から315年以前に作られた物である。
松阪市教育委員会

 

最後に粥見神社を後にしようとして見かけたのがこちらの常夜灯。

中遷宮記念の常夜燈(粥見神社)

中遷宮記念の常夜燈(粥見神社)

 

その柱には

奉納 平成二十七年三月 中遷宮記念 粥見神社

と記されていた。

 

粥見神社を後にするとその前の三差路にはこんな道標が建っていた。

「右さんくう 左まつさか 道」道標(粥見神社前)

「右さんくう 左まつさか 道」道標(粥見神社前)

 

右さんくう 左まつさか 道

つまり、この交差点が和歌山街道(左)と和歌山別街道(右)の分岐点だ。「ああ、街道も歩きたい!」

 

また、周囲を見渡すと深野でも見かけた飯南コミュニティバスほほえみのバス停があった。

飯南コミュニティバスほほえみ 粥見神社 バスのりば

飯南コミュニティバスほほえみ 粥見神社 バスのりば

 

さらにこんな鳥居が目に入った。「鳥居を見たらお参りすべし」の言葉に背中を押されて近づくとどうも神社では無さそうだった。

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

 

鳥居の先には宿坊なるものがあり、石柱には・・・(自宅に帰ってから確認すると、ここは仲峯山福信院だった。)

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

 

とにかく、この掲示に誘われてこの階段を登ってしまった。

「町内一登りにくいかいだん・・」の案内板(仲峯山福信院)

「町内一登りにくいかいだん・・」の案内板(仲峯山福信院)

 

町内一登りにくいかいだん
本堂まで百二十八だん
気を付けてトライ

 

「町内一登りにくいかいだん・・」「町内一登りにくいかいだん・・」「町内一登りにくいかいだん・・」と念じながら登ると苔だらけとなってきた。

町内一登りにくいかいだん(仲峯山福信院)

町内一登りにくいかいだん(仲峯山福信院)

 

ここですでに三分の二以上は登っただろう。鳥居をくぐると空間が開け、

町内一登りにくいかいだん(仲峯山福信院)

町内一登りにくいかいだん(仲峯山福信院)

 

その正面にてお参り。

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

 

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

 

こちらの右側に参道が続いていたので先へ進むと左手に水子地蔵菩薩尊、そして突き当たりにお稲荷さん。

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院(松阪市飯南町粥見)

 

お稲荷さんの社殿に立て掛けられていた「此の奥に史跡あり」案内板に誘われるがままに先へと進んでしまった。

「此の奥に史跡あり」の案内板(仲峯山福信院)

「此の奥に史跡あり」の案内板(仲峯山福信院)

 

雰囲気は山道へと変化し

仲峯山福信院から史跡へ(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院から史跡へ(松阪市飯南町粥見)

 

知らぬ間に見下ろせるほどの高度を稼いでいた。(最初の階段でかなり稼いだか)

仲峯山福信院から史跡へ(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院から史跡へ(松阪市飯南町粥見)

 

こんな道を急ぎ足で進むと右手に赤い柱を見つけた。その木柱には「中山不動明王尊」と記されていた。

中山不動明王尊の木柱(仲峯山福信院〜史跡)

中山不動明王尊の木柱(仲峯山福信院〜史跡)

 

さらにその近くには新しい矢印型の案内板があり「大日如来まで200歩」と書かれていた。「m」ではなく「歩」の表現が何とも味がある。ただ、私は歩数を数えることもなく急いで歩いてしまった。

「大日如来まで200歩」の案内板(仲峯山福信院〜史跡)

「大日如来まで200歩」の案内板(仲峯山福信院〜史跡)

 

そしてたどり着いたのが、この階段の下、たぶんこの上には大日如来。一歩々々階段を踏み上がりその上にたどり着くと

大日如来へ(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

大日如来へ(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

 

予想通りの雰囲気だった。

大日如来ほか(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

大日如来ほか(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

 

頑丈な覆屋の中に祠がまつられ、覆屋の右側には

大日如来ほか(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

大日如来ほか(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

 

大日如来と刻された石が立っていた。

大日如来と刻された石(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

大日如来と刻された石(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

 

私は祠の中に納められている石に興味を持ってしまった。こちらは?

?(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

?(仲峯山福信院の奥、松阪市飯南町粥見)

 

夕刻も迫ってきたので、来た道を戻ると先の階段の途中から粥見神社を遠望し、

仲峯山福信院の階段から望む粥見神社(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院の階段から望む粥見神社(松阪市飯南町粥見)

 

さらには粥見の町並みを眺めた。

仲峯山福信院の階段から望む粥見の町並み(松阪市飯南町粥見)

仲峯山福信院の階段から望む粥見の町並み(松阪市飯南町粥見)

 

思いがけない粥見神社へのお参りに加え、興味深い場所を訪れることができた。計画のない思い立ちと予備知識なしの散策は何とも刺激的で楽しいものだ。次はどちらへ導かれるのだろう。(とはいえ、全ては私の潜在意識のなせる技なのだろうが)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です