安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

2017年06月04日(日) 安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町) (近鉄・JR、徒歩)

山下町の宇氣比神社を後にすると目の前に見えているこちらへ移動した。ここは安楽町だから歩いて来たどこかに境界があったのだろう。安楽天神の道標にて先ほどから歩いてきた道を離れると左側の細い道へ進んだ。

安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

 

こちらが安楽寺の山門だった。

安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

 

予備知識なしで訪れ、訪れた時点でも何も知ることはなかった。帰宅後に・・・

【参考】

 

山門をくぐってから振り返ってパチリ。壁の隅には目立たぬようにしかし分かるように「お手洗 TOILET」の案内。

安楽寺(松阪市安楽町)

安楽寺(松阪市安楽町)

山門を背にして先へ進むと多数の幟旗が迎えてくれる。この先で右へ折れると

安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

 

百度ではなく「千度 拝標」が立っている。さらに幟旗は続き、参道の突き当たりに建つのが

安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

 

安楽芭蕉天神だった。

安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

 

安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

 

こちらが由来。社名のもとになっている芭蕉だが、

安楽芭蕉天神の由来(松阪市安楽町)

安楽芭蕉天神の由来(松阪市安楽町)

 

境内をウロウロしたにもかかわらずその葉を確認するのを忘れてしまった。これは再訪せねば・・・

安楽寺(松阪市安楽町)

安楽寺(松阪市安楽町)

 

筆塚に

筆塚(安楽寺)

筆塚(安楽寺)

 

延命堂の隣に立つ広葉杉が気になり

広葉杉(こうようさん)(安楽寺)

広葉杉(こうようさん)(安楽寺)

 

パチリ。

広葉杉(こうようさん)(安楽寺)

広葉杉(こうようさん)(安楽寺)

 

パチリ。通常の杉の葉と比べればかなり広い、広葉だ。

広葉杉(こうようさん)(安楽寺)

広葉杉(こうようさん)(安楽寺)

 

こちらは安楽寺の本堂。こちらでもお参りを終えると

安楽寺(松阪市安楽町)

安楽寺(松阪市安楽町)

 

安楽芭蕉天神の隣にある山門から

安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

 

安楽寺および安楽芭蕉天神を後にした。

安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

安楽寺、安楽芭蕉天神(松阪市安楽町)

 

【 20170604の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です