新社殿の屋根に鏑矢と雁股矢、江神社(皇大神宮 摂社)

2017年05月09日(火) 新社殿の屋根に鏑矢と雁股矢、江神社(皇大神宮 摂社) (車、徒歩)

先日、訪れた際にはすでに御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)。ゴールデンウィークが開けて月曜日には何か動きがあると思い、翌日の火曜日の早朝にお参りした。午前5時20分、江之道踏切から江神社の社叢を遠望した。ここから数分間歩くと

JR参宮線 江之道踏切付近からの江神社(皇大神宮 摂社)社叢遠望

JR参宮線 江之道踏切付近からの江神社(皇大神宮 摂社)社叢遠望

 

こちらの車止めが設置されている場所に到着する。何度も紹介しているがこの先が江神社の社叢だ。

江神社(皇大神宮 摂社)へ

江神社(皇大神宮 摂社)へ

 

江神社を訪れると白っぽいものが目に飛び込んできた。

江神社(皇大神宮 摂社)

江神社(皇大神宮 摂社)

 

参道を進み、右手方向を眺めるとそこにはテントが張られていた。これは遷御の準備だ。

御遷座の準備、江神社(皇大神宮 摂社)

御遷座の準備、江神社(皇大神宮 摂社)

 

祓所の前にもテントが張られていたのでその下から眺めてのパチリ。

御遷座の準備、江神社(皇大神宮 摂社)

御遷座の準備、江神社(皇大神宮 摂社)

 

また、新しい殿舎に注目すると社殿の屋根には雁股矢と鏑矢が設置されていた。(この記事を投稿する時にはすでに終了しているが、今日は上棟祭が斎行されたのだろう。)

新社殿の屋根に鏑矢と雁股矢、江神社(皇大神宮 摂社)

新社殿の屋根に鏑矢と雁股矢、江神社(皇大神宮 摂社)

 

すると明日が御遷座となる。

御遷座の準備、江神社(皇大神宮 摂社)

御遷座の準備、江神社(皇大神宮 摂社)

 

新御敷地との間には段差を解消するために形状が現物合わせの台が設置されていた。これも職人芸だ。

御遷座の準備、江神社(皇大神宮 摂社)

御遷座の準備、江神社(皇大神宮 摂社)

 

雁股矢と鏑矢は明日には姿を消しているのだろう。

新社殿の屋根に鏑矢と雁股矢、江神社(皇大神宮 摂社)

新社殿の屋根に鏑矢と雁股矢、江神社(皇大神宮 摂社)

 

お参りを終えると参道を後にして、社域を後にした。そして社殿の裏側から眺めてみた。

新社殿の屋根に鏑矢と雁股矢、江神社(皇大神宮 摂社)

新社殿の屋根に鏑矢と雁股矢、江神社(皇大神宮 摂社)

 

江神社を後にして来た道を戻ると

江神社(皇大神宮 摂社)から

江神社(皇大神宮 摂社)から

 

こんな所に「江神社駐車場」の案内板が立っていた。祭典のための臨時のものだろうか?

江神社(皇大神宮 摂社)近くに用意された駐車場の案内板

江神社(皇大神宮 摂社)近くに用意された駐車場の案内板

 

次回訪れた時には新しい殿舎のみとなっているのだろうか?

 

【 江神社(皇大神宮 摂社)の御遷座まで 】

 

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*