神宮暦(小暦)を求めて、年末年始の準備が始まった外宮

2015年12月05日(土) 神宮暦(小暦)を求めて、年末年始の準備が始まった外宮 (車、徒歩)

ついに師走に突入し、今年も残すところひと月を切ってしまった。この時期になると神宮にて神宮暦(小暦)を授与していただいている。

外宮を訪れたところ北御門参道の火除橋付近ではグラデーションの紅葉。

北御門参道 火除橋付近(外宮)

北御門参道 火除橋付近(外宮)

 

振り向いてもパチリ。

北御門参道 火除橋付近(外宮)

北御門参道 火除橋付近(外宮)

 

北御門参道鳥居をくぐると右手には忌火屋殿の奥に御酒殿、遙拝。御酒殿もお伊勢さん125社のひとつ。

北御門参道から御酒殿 遙拝(外宮)

北御門参道から御酒殿 遙拝(外宮)

 

北御門参道をさらに進むと眩しいほどの日差しがキラリ!

北御門参道(外宮)

北御門参道(外宮)

 

そして右手に視界が開けるとこちらは大庭。大庭にはお伊勢さん125社のひとつである四至神が鎮座し、祭祀のための九丈殿、五丈殿が建つ。

年末年始の準備が始まった大庭(外宮)

年末年始の準備が始まった大庭(外宮)

 

しかし、年末が近づくと年末年始のためにこの一画、表参道側には

年末年始の準備が始まった大庭(外宮)

年末年始の準備が始まった大庭(外宮)

 

臨時の神札授与所や神酒授与所が建てられる。まさに四至神の間近に・・・

年末年始の準備が始まった四至神付近(外宮の大庭)

年末年始の準備が始まった四至神付近(外宮の大庭)

 

今日はクレーン付きのトラックで足場材が回収されていた。後は内装で仕上がるのだろう。

年末年始の準備が始まった大庭(外宮)

年末年始の準備が始まった大庭(外宮)

 

表参道から四至神をお参りするにはこれらの建物の間からとなる。

臨時の御造営資金受付、神酒授与所の準備(外宮)

臨時の御造営資金受付、神酒授与所の準備(外宮)

 

年末年始の準備が進められる大庭を後にして御正宮へ向かった。

臨時の神札授与所・準備御造営資金受付(外宮)

臨時の神札授与所・準備御造営資金受付(外宮)

 

お参りを済ませてから蕃塀の裏側よりパチリ。

御正宮(外宮)

御正宮(外宮)

 

板垣南御門脇に建つ番舎の近くには裏向きでこんな案内板、警告板が準備されていた。これも年末年始のためだろう。しばらくすると蕃塀もこの場所と東南の角の横板が取り外されて臨時の出口が準備される。

板垣南御門付近、年末年始の準備?(外宮)

板垣南御門付近、年末年始の準備?(外宮)

 

【参考】

 

気になる変化が多かったので、やっと今回の目的である神宮暦(小暦)にたどり着いた。焦っていたのか、神楽殿の神札授与所にて「小暦、ひとつ、お願いします。」と言ってしまった。正確には「一冊」「一部」か?

表参道、神楽殿 神札授与所付近(外宮)

表参道、神楽殿 神札授与所付近(外宮)

 

授与していただいた小暦がこちら。(200円)

平成二十八年神宮暦(小暦)

平成二十八年神宮暦(小暦)

 

帰りは表参道を進むと火除橋の脇に立つ祭典看板に「月次祭」の案内が掲示されていた。

「月次祭 十二月十六日 正午」の祭典看板(外宮)

「月次祭 十二月十六日 正午」の祭典看板(外宮)

 

【 20151205 の記録 】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です