殿舎は完成! 御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

2017年09月30日(土) 殿舎は完成! 御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社) (車、徒歩)

再来週には御遷座を迎える予定の清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)。今週も週末巡拝にて訪れた。

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

朝早いため御造替の作業は始まっていなかったので人には会わないだろうと思っていたが、実際にはふたりのおばあちゃんと出会った。

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

ひとりは私が神社にてお参りしていると自宅から出て社叢の入口で手を合わせ頭を下げていた。一年ほど前にご主人を亡くされ社域へは入れないが、子供の頃に祖母に教えられたお参りの心はいつまでも変わらない。目覚めるとまずはお参りの習慣となっているそうだ。

そして、もうひとりのおばあちゃんは、以前に草奈伎神社にてお会いしたことのある方だった。毎朝、草奈伎神社・大間国生神社、そして清野井庭神社にお参している。仕事に出る日はこの時間帯に、休みの日には10時頃になるため(神様に遅くなってごめんなさいと)謝っている。台風が通過しそうになると「弱まり消えてください。」とお願いし台風が過ぎるとお礼を述べる。自分のためでなく人々のためにお参りしているそんあおばあちゃんだ。

 

朝から清々しいおふたりにお会いし、私も清々しい気持ちになり、改めてお参りしてしまった。

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

玉垣の御門には扉が取り付けられ、すでに殿舎は完成したようだ。

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

この光景もあと数日で見納め、来週には覆屋が取り外されていることだろう。待ち遠しい。

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

御造替が進められる清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)

 

【清野井庭神社(豊受大神宮 摂社)の御遷座まで】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です