残念ながら台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(丹生山神宮寺)(多気郡多気町丹生)

2017年10月28日(土) 残念ながら台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(丹生山神宮寺)(多気郡多気町丹生) (車、徒歩)

午前中に週末順拝を終えると午後からは多気町丹生へ向かった。それは伊勢志摩経済新聞さんの記事で台風21号により丹生大師(丹生山神宮寺)の回廊が倒壊してしまったことを知ったからだった。

【参考】

 

丹生大師(丹生山神宮寺)には何度も足を運び、この回廊の中を通ってお参りしたこともある。

【参考】

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

 

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

 

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

 

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

 

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

丹生大師(神宮寺)の回廊(20110625)

 

大師の里(丹生)の散策 2011年06月25日

 

そんな回廊が姿を消してしまったのか。自分自身の目で確認せずにはいられなかった。

仁王門をくぐり参道を進むと左手に大師堂へと続く石階があり、その脇に回廊が続いていた。(はず)

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

 

しかし、回廊があった部分にはブルーシートが掛けられ回廊自体は姿を消していた。

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

 

唯一残されていたのは回廊への出入口があった

台風21号により倒壊した回廊の残された出入口部、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊の残された出入口部、丹生大師(神宮寺)

 

この部分だった。

台風21号により倒壊した回廊の残された出入口部、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊の残された出入口部、丹生大師(神宮寺)

 

これより近づけない。さらに石階は上れない。

「大変危険ですので・・」の注意書き、丹生大師(神宮寺)

「大変危険ですので・・」の注意書き、丹生大師(神宮寺)

 

大変危険ですので、これから先には
立ち入らないで下さい。

 大師堂へは右側よりお参り下さい。
 何卒よろしくお願い致します。
              神宮寺

 

注意書きを読むと脇道を使えば大師堂へお参りできるようだ。その道の途中からパチリ。これより上部が倒壊していた。

台風21号により倒壊した回廊の残された出入口部、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊の残された出入口部、丹生大師(神宮寺)

 

石階の上部へたどり着くと以前の面影は全く残されていない。

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

 

大師堂にお参りしてから改めて

丹生大師(神宮寺)

丹生大師(神宮寺)

 

回廊があった場所を眺めたが

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

 

やはりその姿はない。しばし立ち尽くしてしまった。

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

 

倒壊してしまった回廊を視線で追うとその先がこちらへたどり着いた。こちらは文殊堂で

文殊堂、丹生大師(神宮寺)

文殊堂、丹生大師(神宮寺)

 

屋根を支える柱の一本は回廊と接続されていた。もしも強固に接続されていれば文殊堂も巻き添えになっていたかも知れない。

台風21号により倒壊した回廊が接続されていた文殊堂の柱、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊が接続されていた文殊堂の柱、丹生大師(神宮寺)

 

何ともやりきれない思いを抱えながら脇道を下った。

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊、丹生大師(神宮寺)

 

改めて残された部分を眺めると基礎の上をスライドしていた。何らかの力で回廊全体がこちらへスライドし、足場を無くした部分が倒壊し、水平な基礎の上をスライドした部分だけが残されたのだろう。

台風21号により倒壊した回廊の残された出入口部、丹生大師(神宮寺)

台風21号により倒壊した回廊の残された出入口部、丹生大師(神宮寺)

 

再び回廊の屋根を眺めることはできるのだろうか。

丹生大師(丹生山神宮寺)

丹生大師(丹生山神宮寺)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*