本殿の御垣が完成、今社(伊勢市宮町)

2016年07月31日(日) 本殿の御垣が完成、今社(伊勢市宮町) (車、徒歩)

御神遷に向けて拝殿や本殿の修繕が続けられている今社(伊勢市宮町)も週末の早朝参拝で巡る一社だ。須原大社からこちらへ移動すると

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

高柳商店街アーケードの入口付近から

高柳商店街のアーケード(今社付近)

高柳商店街のアーケード(今社付近)

 

拝殿前の鳥居をくぐった。ブルーシートが掛けられている蕃塀の右方向には手水舎があるが、その反対側(左方向)には

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

こちらの社号標が建っている。興味深いのは「清野井庭神社旧地」と刻されたていること。清野井庭神社は豊受大神宮の摂社で、現在は清之井公園(伊勢市常磐)の隣に鎮座する。

清野井庭神社旧地と刻されている今社の社号標

清野井庭神社旧地と刻されている今社の社号標

 

社号標を背にしえ手水を受けると假殿となっている清川稲荷大明神にお参り。

修繕が進められる今社の本殿と假殿となっている清川稲荷大明神

修繕が進められる今社の本殿と假殿となっている清川稲荷大明神

 

修繕も終盤を迎えている今社へ移動すると本殿の御垣が完成していた。

本殿の御垣が完成した今社(伊勢市宮町)

本殿の御垣が完成した今社(伊勢市宮町)

 

右側からパチリ。

本殿の御垣が完成した今社(伊勢市宮町)

本殿の御垣が完成した今社(伊勢市宮町)

 

左側からもパチリ。

本殿の御垣が完成した今社(伊勢市宮町)

本殿の御垣が完成した今社(伊勢市宮町)

 

【今社、御神遷までの経過】

 

【清川稲荷大明神、御遷座までの経過】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です