拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

2016年07月16日(土) 拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町) (車、徒歩)

続いて訪れたのは今社(伊勢市宮町)。こちらでも御神遷に向けて修繕等が進められている。いつものように高柳商店街のアーケード側から鳥居をくぐると

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

何か雰囲気が違った。どうしたのか? 手水舎にて心身を清めてから拝殿を望むと

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

拝殿がスッキリとしていた。それは先週に訪れた時には掛けられていた足場が取り外されていたのだった。

拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

 

假殿となっている清川稲荷大明神にお参りすると、まずは先週と同じ場所でパチリ。

今社(伊勢市宮町)

今社(伊勢市宮町)

 

本殿を確認すると、本殿の背面の御垣にはブルーシートが掛けられ、前面には御垣を設置する準備が進められていた。

拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

 

足場とともに工事用シートが取り払われて視界が開放された拝殿には賽銭箱と古札用の収納箱が置かれていた。ここからも本殿の背面にはブルーシートを確認することができた。

拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

 

拝殿の左側へ回りこむと

拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

拝殿の足場が取り外された今社(伊勢市宮町)

 

こちら側でも本殿に御垣を設置する準備が進められていた。

本殿の背面から御垣が・・・、今社(伊勢市宮町)

本殿の背面から御垣が・・・、今社(伊勢市宮町)

 

来週に訪れた時には御垣も完成していることだろう。

 

【今社、御神遷までの経過】

 

【清川稲荷大明神、御遷座までの経過】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です