神御衣、和妙(にぎたえ:絹)の奉織作業(神服織機殿神社)

2016年05月04日(水) 神御衣、和妙(にぎたえ:絹)の奉織作業(神服織機殿神社) (車、徒歩)

5月1日には神御衣奉織始祭の斎行を拝観した神服織機殿神社(皇大神宮 所管社)。こちらの八尋殿(機殿)では、14日に内宮で斎行される神御衣祭にて奉られる和妙(にぎたえ:絹)が織られている。

【参考】

 

通常だと一週間ほどで織り上げられるため、程よい時期に訪れた。通い慣れた参道を進むとこの時期にしか見られない車の列、これらは織子の方々のものだろう。

神服織機殿神社(皇大神宮 所管社)

神服織機殿神社(皇大神宮 所管社)

 

斎庭の鳥居をくぐると八尋殿(機殿)は正面だが、

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

まずはこちら、神服織機殿神社にお参り。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

お参りを終えると機を織る音に引き寄せられて機殿に近づいた。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

西の妻にある扉が開けられているので

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

玉垣の間から拝観すると扉付近では糸を巻き取る作業が進められていた。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

美しい!

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

続いて正面へ移動すると御幌が上げられていた。御門の柱の前には榊が立てられ、

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

さらには

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

八尋殿の柱の根元にも。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

奉織作業は黙々と続けられた。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

それにしても八尋殿の屋根の劣化は著しい。抜け取れた萱が白石の上に落ちていた。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

そんなことは関係なく・・・

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

この場所には素晴らしい空間が広がっている。独り占めしているのが申し訳ないほどだ。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

斎庭の鳥居の根元にも榊が立てられている。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

しばし佇んでから

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

斎庭を後にした。

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

神御衣の奉織作業(神服織機殿神社)

 

神服織機殿神社の前に続く田んぼ道を歩いていると

神服織機殿神社(皇大神宮所管社)

神服織機殿神社(皇大神宮 所管社)

 

一台の車とすれ違った。清掃を担当されている方々だった。その車は社叢に吸い込まれて行った。

神服織機殿神社(皇大神宮 所管社)

神服織機殿神社(皇大神宮 所管社)

 

何度訪れても素晴らしい。

神服織機殿神社(皇大神宮 所管社)

神服織機殿神社(皇大神宮 所管社)

 

【追記】

八尋殿は屋根の萱も抜け落ちるほどで経年劣化が目立った状態になっているが、今年の神服織機殿神社は素木も鮮やかな美しい姿を保っている。それは、昨年末に御造替を終えたばかりだから・・・

 

【 神服織機殿神社(皇大神宮 所管社) 造替 11月13日御遷座 】

 

【 20160504 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です