あの感動を再体験するために、本「杉坂董の仕事」ほか

2016年04月15日(金) あの感動を再体験するために、本「杉坂董の仕事」ほか

先日、伊勢市横輪町にある木間々な美術館にてイラストレータ 杉坂董(ただす)さんの遺作展「三重の祭り」を体感した。

【参考】

 

所狭しと並べられた数々の作品、それぞれの祭が一枚に凝縮されていてそれぞれに惹き寄せられた。

時間が経過すると「また、観てみたい。」との思いが募ってきた。木間々な美術館を再訪できそうになかったので、伊勢市伊勢図書館の検索システムで杉坂董さんの作品を探していたら次の二冊の本が見つかった。

 

種類タイトル巻次著者名出版者貸出
1図書杉坂董の仕事杉坂 董/作 中村 元美/編集スギサカ・フレンズ 200911
2図書三重のまつり 随想松浦 良代‖著 杉坂 董‖画光書房 198204

 

すぐにでも観たくなったので、【キタヰの妻】に借りてきてもらった。

 

【杉坂董の仕事】

本「イラストレーター 杉坂董の仕事 企画・発行 スギサカ・フレンズ」

本「イラストレーター 杉坂董の仕事 企画・発行 スギサカ・フレンズ」

 

この本はまさにスギサカ・ワールドで、魅入ってしまう。

 

【随想 三重のまつり】

本「随想 三重のまつり 松浦良代 著、杉坂董 画 発行 光書房」

本「随想 三重のまつり 松浦良代 著、杉坂董 画 発行 光書房」

 

こちらは、杉坂さんの挿絵もさることながら、松浦良代さんの文章が秀逸だ。知らぬ間にまつりの世界へ引き込まれ、その場で拝観している錯覚に陥ってしまう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です