御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

2017年04月29日(土) 御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社) (車、徒歩)

本日の活動が予定より早く切り上がったので、御造替が進められていた江神社(皇大神宮 摂社)を目指した。細い道を歩いて進むと

江神社(皇大神宮 摂社)へ

江神社(皇大神宮 摂社)へ

 

いつものようにこちらの社叢に吸い込まれた。

江神社(皇大神宮 摂社)へ

江神社(皇大神宮 摂社)へ

 

社号標の前にて立ち止まると

江神社(皇大神宮 摂社)

江神社(皇大神宮 摂社)

 

「定」の立札が新しくなっていた。

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

 

また、参道を進むと先日訪れた時には建替え作業の途中であった鳥居も立派に建っていた。

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

 

これで全て、御造替は終了したのだろう。

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

 

感慨深く新しい殿舎を眺めながらのお参りとなった。

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

 

御造替なので、タイミングが合えば屋根に上げられた雁股矢および鏑矢を目にすることができる。ただし、それらを目にすることができるのは2日間か3日間だろう。

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

 

【参考】

 

雁股矢・鏑矢を目にすることはできるのかそんなことを考えながら・・・

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

 

御遷座が待ち遠しい。

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

 

改めて「定」の立札を確認してから

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

御造替を終えていた江神社(皇大神宮 摂社)

 

江神社を後にした。

江神社(皇大神宮 摂社)

江神社(皇大神宮 摂社)

 

【 江神社(皇大神宮 摂社)の御遷座まで 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*