御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

2015年09月20日(日) 御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下) (車、徒歩)

約一週間ぶりに松下社(伊勢市二見町松下)を訪れた。磯部町へ向かう途中で朝早くと、さらには磯部からの帰途の夕方と計二回。

まず、朝8時半頃。いつものように手水を受けてから

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

社号標をパチリ。そして鳥居をくぐった。

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

その先には少しだけ変化した御造営中の本殿の姿があった。御垣と御門の枠が・・・。

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

正面へ移動すると

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

拝殿へと向かった。

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

前回訪問時とは光景が全く異なっている。

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

前回訪問時、2015年09月13日時点

上棟祭の一週間後の松下社(伊勢市二見町松下)

上棟祭の一週間後の松下社(伊勢市二見町松下)

 

本殿の周囲に御垣が建てる工事が始まっていた。

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

地面を掘り込んだ穴に柱を差し込む掘立柱の方式だ。垂直、

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

水平が保たれている。

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

前方から右横へ回りこんで

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

パチリ。

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

現状の確認を終えて松下社を後にすると

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

軽トラックが到着し大工さんが降りてきた。先日素襖と烏帽子姿で上棟祭を奉仕していた方だったので「おはようございます。素襖姿カッコ良かったです!」と挨拶してこの場を後にすると磯部へ向かった。

 

続いては、磯部からの帰途、午後5時頃に松下社を再訪した。すでに太陽は傾き西日が差し込んでいた。

松下社(伊勢市二見町松下)

松下社(伊勢市二見町松下)

 

御造営中の本殿を確認すると

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

次のように塗装された材が18本。「これは何に使うのだろうか? 見えるところには使わないだろう。」

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

御造営中の本殿と向き合って考えてみた。

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

「そうだ柱の根元、土に隠される場所で柱と垂直に取り付けて柱が抜けないようにするものではないだろうか。」と思って柱を確認すると朝には塗られていなかった塗料がここにも、

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

あちらにも塗られていた。おそらく防腐剤なのだろう。

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

御垣の工事が始められた松下社(伊勢市二見町松下)

 

今回は疑問を残さずに松下社を後にする。

その前に神々しいほどの光が蘇民祠の御門に差し込み、

蘇民祠(松下社)

蘇民祠(松下社)

 

蜘蛛の巣を露わにしていた。

蘇民祠(松下社)

蘇民祠(松下社)

 

また、目の前を走る国道42号は大渋滞。伊勢二見鳥羽ラインの伊勢方向通行止(土砂崩れのため)とシルバーウィークが重なったためだろうか?

松下社から望む大渋滞の国道42号(伊勢市二見町松下)

松下社から望む大渋滞の国道42号(伊勢市二見町松下)

 

【参考】 松下社の御遷座までの経緯

 

【 20150920 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です