赤崎神社(豊受大神宮 末社)の赤崎祭にて御神杉の授与

2016年06月22日(水) 赤崎神社(豊受大神宮 末社)の赤崎祭にて御神杉の授与 (車、徒歩)

神宮の重要な祭典は三節祭(神嘗祭および6月と12月の月次祭)で各月の15日から17日にかけて斎行される。その後、別宮や摂社・末社・所管社でも続けて斎行される。なかでも6月の月次祭に際し22日には豊受大神宮の末社である赤崎神社(鳥羽市鳥羽)でも巡回祭典が実施される。

この日は赤崎祭の日とされ、普段からは想像できない人が参拝に訪れる。またゆかた姿の参拝者が多かったことから「ゆかた祭り」とも呼ばれているそうだ。

こちらは赤崎祭りの日にだけ授与していただける(この日しか授与していただけない)御神杉(社域内の小枝)に添えられる説明文である。

赤崎祭り
“赤崎さん”として人々に親しまれている赤崎神社は、豊受大神宮(外宮)の末社として鳥羽湾内の海岸から豊受大神宮へ奉る御贄採取(みにえさいしゅ)の守神(荒前姫神:あらさきひめのみこと)としてこの地にご鎮座になった御社(おやしろ)です。
鎮座地赤崎藤之郷の人々は産土神(うぶすなかみ)として仰ぎ6月22日を例祭日とし、その昔この地方に流行病(はやりやまい)が発生した際、この宮域内の 杉の小枝を門戸に吊るした家々が難を除れたという言い伝えから、毎年例祭日にこの宮域内の杉の小枝を授かり、流行病除厄祈願としてこの杉の小枝を家々の門 戸に吊り下げる習わしが今日まで続いています。
また、夏を呼ぶ鳥羽の代表的な祭として参拝者が多く、たくさんの露天が並び、夜には殊に雑踏を極め老若男女の多くが浴衣を着て参拝することから「ゆかた祭り」の愛称で親しまれています。
赤崎神社崇敬会

 

お伊勢さん125社を巡り始めてから御神杉の存在を知り、2011年に初めて授与していただいてから何とか続いている。2012年はなんとも偶然にも授与していただけた。6月22日しか授与していただけないのでこの日が近づくと緊張する。

【参考】

 

今年は宮川流域案内人の運営委員会が予定されていたが、先月の会議の際に欠席を申請しておいた。

終業後に鳥羽へ向うと市民の森公園へ向かった。駐車場から市民の森公園を通り抜ける際に空を見上げてパチリ。

市民の森公園(鳥羽市)にて

市民の森公園(鳥羽市)にて

 

安楽島大橋を進むと左前方には赤崎神社の社叢が望める。

安楽島大橋から望む赤崎神社の社叢

安楽島大橋から望む赤崎神社の社叢

 

私の前には女子の三人組が歩いていた。彼女たちも赤崎神社、それとも屋台へ・・・?

安楽島大橋(加茂川)にて

安楽島大橋(加茂川)にて

 

橋を渡り終えて左方向へ向かえば赤崎神社なのだが、近鉄中之郷方向から赤崎神社へと続く道路には多数の屋台が出て、参拝者で賑わっているはずなので、その雰囲気を体感してから赤崎神社へ向かうことにした。

赤崎神社(豊受大神宮 末社)へ向かう人々

赤崎神社(豊受大神宮 末社)へ向かう人々

 

国道167号を赤崎神社から離れる方向へ進むと

赤崎神社の社叢遠望

赤崎神社の社叢遠望

 

かもめバス 赤崎神社前 バスのりばから赤崎神社方向をパチリ。

かもめバス 赤崎神社前 バスのりば

かもめバス 赤崎神社前 バスのりば

 

さらにその先、鳥羽大庄屋 かどや付近で近鉄の線路を横断した。左へ向かえば鳥羽大庄屋 かどや。ここでは右へ向うと

鳥羽大庄屋 かどや付近の近鉄踏切道

鳥羽大庄屋 かどや付近の近鉄踏切道

 

祭りのために通行が規制されている場所から歩くことにした。

赤崎祭(ゆかた祭り)の交通規制

赤崎祭(ゆかた祭り)の交通規制

 

鳥羽大庄屋 かどや方向へ進むと少しずつ人が多くなり、道路の両側に屋台が張り出す場所では先へ進むのが大変な状態になった。

赤崎祭(ゆかた祭り)当日のにぎわい(鳥羽大庄屋 かどや付近)

赤崎祭(ゆかた祭り)当日のにぎわい(鳥羽大庄屋 かどや付近)

 

さらに・・・

赤崎祭(ゆかた祭り)当日のにぎわい(鳥羽大庄屋 かどや付近)

赤崎祭(ゆかた祭り)当日のにぎわい(鳥羽大庄屋 かどや付近)

 

人が多すぎる場所では撮影できなかったので屋台が道路の片側になったところでもパチリ。今にも泣き出しそうな天候だったからだろうか? 浴衣姿の参拝者は少なかった。

赤崎祭(ゆかた祭り)当日のにぎわい(赤崎神社へ)

赤崎祭(ゆかた祭り)当日のにぎわい(赤崎神社へ)

 

再び近鉄の線路を渡るとこの幟。

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

 

その先には高張提灯が列んでいた。この明かりに導かれるように・・・

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

 

提灯に従うと

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

 

赤崎神社の社域へ入り

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

手水を受けると石階を上った。

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

長蛇の列になることはなかったが、次から次と参拝者が訪れた。

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

私も参拝を終えた。(※写真の男性が私ではないです。)

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

濡れて滑りそうになっていた石階を注意深く下ると

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

赤崎祭(ゆかた祭り)、赤崎神社(豊受大神宮 末社)

 

社域への入口付近で御神杉を授与していただいた。赤崎神社を後にすると

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

 

安楽島大橋を渡り返した。その途中でパチリ。

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

赤崎祭(ゆかた祭り)当日の赤崎神社付近

 

こちらが御神杉を授与していただいた場所。

御神杉の授与(赤崎神社)

御神杉の授与(赤崎神社)

 

今年も御神杉を授与していただけ、ホッとしながら赤崎神社を後にした。

安楽島大橋から望む赤崎神社の社叢

安楽島大橋から望む赤崎神社の社叢

 

帰宅後にパチリ。こちらが今回授与していただいた御神杉。

赤崎神社(豊受大神宮 末社)の赤崎祭にて授与された御神杉

赤崎神社(豊受大神宮 末社)の赤崎祭にて授与された御神杉

 

Comments

    1. たかっちさん、こんばんは!
      6月22日が式日なので、ぜひとも来年のカレンダーには予定を入れておいてください。
      人の多さに驚かされますよ、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です