永遠の忘れ物(?)、丸い石を求めて熊野 七里御浜へ

2016年12月17日(土) 永遠の忘れ物(?)、丸い石を求めて熊野 七里御浜へ (車、徒歩)

珍しく予定が入っていない土曜日、目覚めると上天気だった。

なぜか、ふと思い出した。それは今年もなしえていなかった丸い石を見つけること。

その始まりは第62回神宮式年遷宮を終えた外宮の古殿地にあった。古殿が姿を消し、その周囲を囲っていた工事用のシートが取り外されると覆屋のみが残された古殿地を眺めることができるようになった。その一画、宿衛屋跡に見つけたのが丸い石だった。その後、その石を眺め続けていたが突然に姿を消してしまった。諸行無常というものの・・・。アレ以来、自分自身の丸い石を探すようになってしまった。円ではなく、丸の石はなかなか見つからない。これは永遠の課題なのかもしれないが、機会ある毎に石を探している。

今年も満足できる石が見つかっていなかったので、天気に誘われて熊野を目指すことになった。

 

【参考】 その詳細はこちら

 

最近は尾鷲熊野道路のおかげで伊勢からでも熊野が近くなった。とは言っても突然の思いつきだったので自宅の出発は9時を過ぎていた。そのために現地への到着は正午を回ってしまった。道の駅パーク七里御浜に車を駐めるとJR紀勢本線の駅である阿田和駅に立ち寄った。

JR紀勢本線 阿田和駅

JR紀勢本線 阿田和駅

 

以前、熊野古道伊勢路を歩いた時、トイレを借りたことを懐かしく思い出しながら

JR紀勢本線 阿田和駅

JR紀勢本線 阿田和駅

 

【参考】

 

しばし、佇んだ。

JR紀勢本線 阿田和駅

JR紀勢本線 阿田和駅

 

駅舎から眺めるとその向こうには七里御浜へと続く歩道橋。

JR紀勢本線 阿田和駅から望む七里御浜へと続く歩道橋

JR紀勢本線 阿田和駅から望む七里御浜へと続く歩道橋

 

こちら、国道42号に架かる歩道橋は美しい形状となっている。

国道42号に架かる歩道橋(南牟婁郡御浜町阿田和)

国道42号に架かる歩道橋(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

階段を進むと

七里御浜へと続く歩道橋(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜へと続く歩道橋(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

「道の駅パーク七里御浜」方向をパチリ。

国道42号に架かる歩道橋(南牟婁郡御浜町阿田和)

国道42号に架かる歩道橋(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

単純に直線で下るのではなく、ラウンドしての下り。贅沢な作りだ。ただ、税金で作られていることを考えると・・・。

国道42号に架かる歩道橋(南牟婁郡御浜町阿田和)

国道42号に架かる歩道橋(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

歩道橋を後にすると待望の七里御浜へ・・・

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

足元には熊野灘の荒波に角を落とされた丸っこい石が多数・・・。

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

遠くには小さく獅子岩が望める。

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

反対側は海と石のみ。

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

丸い石探しの前に

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

まずは腹ごしらえ。

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

ごちそうさま。

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

昼食を終えてから30分ほど探しただろうか。しかし、満足できる丸さの石を見つけることはできなかった。

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

七里御浜(南牟婁郡御浜町阿田和)

 

まぁ、探したから見つかるものでもないのだろうから、これは永遠の忘れものなのかもしれない。

これからも探すことだけは忘れずに、地道に機会を作っていこう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です