ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

2016年06月18日(土) ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座) (徒歩)

2016年06月04日と11日の二週に渡り放送されたブラタモリ伊勢編で案内人を担当した方々が集まり裏話を語ると聞き、「ブラタモリ伊勢リターンズ」が開催された伊勢河崎商人館 角吾座を訪れた。

ぶらぶら歩きを楽しんでいたら開始時刻である午後3時直前に到着となった。

伊勢河崎商人館

伊勢河崎商人館

 

商人館の入口で西城さんにあいさつすると会場である角吾座へ入った。

伊勢河崎商人館 角吾座

伊勢河崎商人館 角吾座

 

ほとんどが口コミでの参加募集であったが参加者は55名と会場はすでに満席状態で、パイプ椅子が追加された。私は奥の隅に陣取り楽しませていただいた。定刻になると本会を準備された長尾正男さんから開会のあいさつがあった。

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

 

【参考】

 

続いて、ブラタモリ伊勢編をスクリーンに映し出しながら案内人による解説が進められた。

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

 

これらの内容をすべて伝えるのは至難の技、まず印象に残ったのは、ここは放送して欲しい場面だったのに他の飛び入りでカットされてしまった。のように、とにかく「カットされた」「カットされた」の話が多かったのでカット無しのフル映像を観たいものだ。

二週に渡り案内人を担当した千枝大志さん(中京大学 学芸員)がトライアル的に始めた「ブラッチェiseミニツアー」のようなツアーのなかでカットされた場面を知りたいものだ。現場主義の私としてはやはり現場が一番だ。

 

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

 

また、ブラタモリで山田羽書を紹介した富田定子さんが語ったNHKディレクターとのやりとりや偶然が作り出す番組の面白さ(千枝さんが案内人に選ばれた経緯など)が紹介された。しかし、すべては必然だろう。

さらに、浅野聡さん(三重大学 准教授)が語った神都計画は興味深い内容だった。幻の神都駅など・・・

福原稔浩さん(近鉄)のことばで「地下鉄の計画があったが、第二次世界大戦で実現できなかった。戦争が無ければ実現していただろう。」こと、また、ブラタモリ伊勢、志摩の誘致は近鉄の尽力だったことを知った。

質問のコーナーでも話題となったがメディアに紹介されることはキケンを伴うことだった。全国となった旧御師 丸岡宗大夫邸では、ブラタモリ放送後に丸岡家の系図等が盗難されてしまった。犯人は捕まったが系図等は戻って来ていないそうだ。有名になることは危険にさらされることでもある。

 

など、さまざまな話が展開されたが、私はうまく紹介できないので、案内人の方々があらためて語る機会があるとありがたい。

 

ブラタモリ伊勢リターンズが終了するとこの会場ではブラタモリでも紹介された山田羽書や古文書等(本物)が千枝さんにより紹介された。皆さん興味深く眺めて、触っていた。

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

 

触れることは重要だ。

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

ブラタモリ伊勢リターンズ(伊勢河崎商人館 角吾座)

 

「ブラタモリ伊勢リターンズ」の懇親会まで時間があったので、伊勢河崎商人館 河崎まちなみ館の二階に整備された山田羽書の展示を見学した。

山田羽書の展示(伊勢河崎商人館)

山田羽書の展示(伊勢河崎商人館)

 

山田羽書。

山田羽書の展示(伊勢河崎商人館)

山田羽書の展示(伊勢河崎商人館)

 

こちらの羽書は

山田羽書の展示(伊勢河崎商人館)

山田羽書の展示(伊勢河崎商人館)

 

発行人として、旧御師 丸岡宗大夫の名が見える。

旧御師 丸岡宗大夫らが発行した山田羽書

旧御師 丸岡宗大夫らが発行した山田羽書

 

そろそろ時間となったので、伊勢河崎商人館を後にした。

伊勢河崎商人館

伊勢河崎商人館

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です