宮川流域案内人とともに 朝熊山に登ろう

2016年10月29日(土) 宮川流域案内人とともに 朝熊山に登ろう (徒歩)

本日は周辺を散策の後、「宮川流域案内人とともに 朝熊山に登ろう」にスタッフとして参加した。今回の案内人は松山繁さん。

「宮川流域案内人とともに 朝熊山に登ろう」のパンフレット

「宮川流域案内人とともに 朝熊山に登ろう」のパンフレット

 

集合は近鉄 朝熊駅に8時30分。数名が到着したが残りの方は? この後、朝熊岳道の登り口であるであいの広場にて受付を開始するので、案内人と参加者およびスタッフはそちらへ・・・。私はしばしこの場所で待機していたが参加者が到着する気配もなかったため急いでであいの広場へ向かった。

近鉄 朝熊駅

近鉄 朝熊駅

 

急ぎ足で・・・

近鉄 朝熊駅〜であいの広場(朝熊岳道登り口)

近鉄 朝熊駅〜であいの広場(朝熊岳道登り口)

 

であいの広場には第2駐車場ができていた。(そういえば、朝熊山に登るのは久しいか?)

であいの広場 第2駐車場付近

であいの広場 第2駐車場付近

 

であいの広場に到着すると受付は終了し、準備体操となっていた。

であいの広場(朝熊岳道登り口)

であいの広場(朝熊岳道登り口)

 

参加予定者のうち1名は不参加?、連絡つかずに参加者7名と案内人・スタッフ4名の計11名での山行となった。

今回のルートは次の通り。


近鉄 朝熊駅 → であいの広場(朝熊岳道登り口) ー (朝熊岳道) → 朝熊峠 → 朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂 → 山頂下分岐 → 金剛證寺 → 朝熊山頂展望台 → 奥之院(金剛證寺) → 山頂下分岐 → 朝熊峠 ー (宇治岳道) → 神宮司庁付近(宇治岳道登り口) → 赤福本店 → 神宮会館前 → 近鉄 五十鈴川駅


 

準備体操を終えると出発!

【であいの広場(朝熊岳道登り口) 】 (朝熊岳道) → 朝熊峠

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

滝の音が聞こえる場所にて小休止。登り初めはゆっくりゆっくりと。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

続いては朝熊登山鉄道ケーブルカー跡に架かる橋の上でも小休止。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

この橋から

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

望む風景も

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

素晴らしい。かなり高度を上げている。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

朝熊峠は二十二丁なので、ここは峠までの中間地点。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

【参考】

 

こんな地蔵の歴史を知りたくもなる。なぜにこんな状況になってしまったのだろう?

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

遠くが見える場所では立ち止まって眺めてしまう。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

道はまだまだ続く。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

この木はいつも印象的だ。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

石の祠にまつられた地蔵石をパチリ。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

この近くには「十九町」の町石が建っているが、

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

その奥にこんな割れ目を見つけた。何とも怪しげな淫靡な雰囲気が漂っていた。

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

 

そして最後のひと登りで二十二町にある朝熊峠に到着した。

 

【朝熊峠】 → 朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂

先行した人たちは峠からの眺めを堪能している様子だった。

朝熊峠

朝熊峠

 

今日は強風が吹き続けていたので帽子が・・・〜〜  (飛ばされる!)

朝熊峠

朝熊峠

 

峠に小休止。

朝熊峠

朝熊峠

 

こんな案内板も、東風屋跡。

朝熊峠(東風屋跡)

朝熊峠(東風屋跡)

 

なお、この峠で山頂からルートが宇治岳道と朝熊岳道に分かれる。 来た道は朝熊岳道で、山頂、展望台をピストンしてからの帰り道は宇治岳道。

宇治岳道と朝熊岳道の道標

宇治岳道と朝熊岳道の道標

 

ここからは道標を背にすると朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂を目指した。

朝熊峠〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂

朝熊峠〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂

 

ほどなく、

朝熊峠〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂

朝熊峠〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂

 

【朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂】  → 山頂下分岐

朝熊ヶ岳山頂に到着。

「朝熊ヶ岳山頂」の石柱

「朝熊ヶ岳山頂」の石柱

 

そして、山頂からの眺望。遠くは霞んでいるものの雲ひとつ無い空、強風のおかげだろう。ただ、富士山を目にすることはできなかった。

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂

 

山頂を後にすると山頂下の分岐から金剛證寺へ向かった。

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

 

その途中、木々の合間から朝熊山頂展望台に立つ天空のポストを望めた。

金剛證寺へと向かう参道から望む朝熊山頂展望台に立つ天空のポスト

金剛證寺へと向かう参道から望む朝熊山頂展望台に立つ天空のポスト

 

【金剛證寺】

つづら折れの山道(参道)を下るとその先は八大龍王、経ケ峯参詣道入口で、金剛證寺に到着した。

八大龍王、経ケ峯参詣道入口(金剛證寺)

八大龍王、経ケ峯参詣道入口(金剛證寺)

 

展望台へ向かう前にまずは金剛證寺を・・・

こちらは大きな卒塔婆を製作している作業スペースだが、今日は鳥居らしきものが作られていた。神仏習合?

卒塔婆ではなく鳥居?(金剛證寺)

卒塔婆ではなく鳥居?(金剛證寺)

 

本堂へと続く坂道を下るとその手前で左へ折れた。

金剛證寺

金剛證寺

 

左手には大きな建物、開山堂。先へ進むと

開山堂(金剛證寺)

開山堂(金剛證寺)

 

こちらの門をくぐった。

金剛證寺

金剛證寺

 

仁王門を背にして参道を進むと

金剛證寺

金剛證寺

 

こちらは右手に広がる連間の池と連珠橋。

連間の池と連珠橋(金剛證寺)

連間の池と連珠橋(金剛證寺)

 

さらに左手には弘法茶屋があり、その前には

弘法茶屋(伊勢朝熊岳 金剛證寺)

弘法茶屋(伊勢朝熊岳 金剛證寺)

 

萬金丹 金剛證寺売店がある。こちらではあえてお釣りが出るように萬金飴を買うこと。素晴らしい御縁(五円)玉のお釣りを受け取れる。

萬金丹 金剛證寺売店

萬金丹 金剛證寺売店

 

【参考】

 

さらに参道を進むとこちらの福徳蓮華庚申に惹き付けられた。この上部は、朝熊岳道の十九町付近で見かけた岩の割れ目と同じような光景だった。

福徳蓮華庚申(金剛證寺)

福徳蓮華庚申(金剛證寺)

 

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠)

朝熊岳道(登り口〜朝熊峠) 十九町付近

 

金剛證寺にお参りすると

本堂(金剛證寺)

本堂(金剛證寺)

 

先ほど下った坂道を上った。途中で明星堂をパチリ。紅葉すれば朱塗りのお堂との組み合わせが美しいだろう。

明星堂(金剛證寺)

明星堂(金剛證寺)

 

→ 朝熊山頂展望台

後でくぐる予定の極楽門を左に見ながら朝熊山頂展望台を目指した。

極楽門(金剛證寺)

極楽門(金剛證寺)

 

伊勢志摩スカイラインから朝熊山頂展望台への入口付近にはこんな案内版。鳥羽へでも伊勢へでもともに8kmとある。

鳥羽8km、伊勢8kmの道標(朝熊山頂展望台入口付近)

鳥羽8km、伊勢8kmの道標(朝熊山頂展望台入口付近)

 

坂道を進み階段を上るとここは朝熊山頂展望台駐車場付近。振り返ってパチリ。

朝熊山頂展望台駐車場付近から望む金剛證寺方向

朝熊山頂展望台駐車場付近から望む金剛證寺方向

 

【朝熊山頂展望台】

バスのりばには「山上広苑」とあり

BUS STOP 山上広苑 三重交通

BUS STOP 山上広苑 三重交通

 

展望芝生広場には先ほど遠望した「天空のポスト」がある。このポストに投函できる。まだ、現役だ!

朝熊山頂展望台に立つ天空のポスト

朝熊山頂展望台に立つ天空のポスト

 

さらに、奥へと進むと敷地の隅に御木本駕籠立場碑が建っている。

御木本駕籠立場碑(朝熊山頂展望台)

御木本駕籠立場碑(朝熊山頂展望台)

 

隣の説明板には

御木本駕籠立場碑
大正の初期に真珠王御木本幸吉はかごで朝熊山に登り、ここから見た美しい景色に感動して、自らこの碑を建てました。

とある。

 

そして、この碑の奥、一段下がった場所での昼食となった。歩いていると吹き飛ばされそうな強風が吹き荒れていたので、ここは風を除けられる唯一?の場所だった。昼食後には案内人により喫茶が開店、2リットルのお湯を担いでいたそうだ。「ご馳走さまでした!」程よい甘みが疲れを癒してくれた。

朝熊山頂展望台にて強風を避けながらの昼食

朝熊山頂展望台にて強風を避けながらの昼食

 

30分程の昼食を終えるとこの場所で記念撮影。私は撮ってもらっていたので無人の風景をパチリ。

朝熊山頂展望台に立つ「朝熊山 標高500m」の標柱

朝熊山頂展望台に立つ「朝熊山 標高500m」の標柱

 

眼下には鳥羽の風景が広がっている。天気が良ければ富士山も ———————–>

朝熊山頂展望台から望む神島方向

朝熊山頂展望台から望む神島方向

 

 → 奥之院

朝熊山頂展望台を後にすると奥之院(金剛證寺)を目指した。来た道を戻ると

朝熊山頂展望台〜奥之院(金剛證寺)

朝熊山頂展望台〜奥之院(金剛證寺)

 

先ほど通り過ぎた極楽門をくぐり、巨大な卒塔婆が立ち並ぶ参道を進んだ。

朝熊山頂展望台〜奥之院(金剛證寺)

朝熊山頂展望台〜奥之院(金剛證寺)

 

【奥之院】

その突き当りに有るのが奥の院。山門をくぐり

奥之院(金剛證寺)

奥之院(金剛證寺)

 

お参りを終えると、一部の参加者はサンプルとして展示されている卒塔婆に注目!

奥之院(金剛證寺)にて

奥之院(金剛證寺)にて

 

山の季節はすでに秋から冬へと向かっているのだろうか。

奥之院(金剛證寺)にて

奥之院(金剛證寺)にて

 

 → 山頂下分岐

奥之院を後にすると山門に向かって左手へと続く小道へ。私は歩いたことが無い道だったので興味深く思いながら進むと

奥之院(金剛證寺)〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

奥之院(金剛證寺)〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

 

いきなりの急登となった。本日の最大傾斜だったが、山道は整備されていた。

奥之院(金剛證寺)〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

奥之院(金剛證寺)〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

 

斜面を登り切ると出た先は

奥之院(金剛證寺)〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

奥之院(金剛證寺)〜朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

 

【朝熊山 山頂下の分岐】 → 朝熊峠

だった。

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐

ここからは朝熊峠まで山道ではなく、アスファルト舗装路を進んだ。

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐〜朝熊峠

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐〜朝熊峠

 

なぜ、金剛證寺から宇治岳道を通らなかったのか、その理由はこれだった。土砂崩れのために「通行止」になっているそうだ。

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐〜朝熊峠

朝熊山(朝熊ヶ岳)山頂下の分岐〜朝熊峠

 

【朝熊峠】 → (宇治岳道)

朝熊峠に到着するとここから帰り道は宇治岳道へ。

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

この右手方向は立入禁止になっているが、朝熊登山鉄道ケーブルカー山上駅へと続く道とのこと。

朝熊登山鉄道ケーブルカー山上駅への・・・

朝熊登山鉄道ケーブルカー山上駅への・・・

 

さらに先へ進むと右手の小高い場所に隠されている(?)朝熊山の一等三角点をチェック。

朝熊山一等三角点

朝熊山一等三角点

 

宇治岳道にはこんな鉄蓋を多数見かける。以前も疑問を投げかけたか?

伊勢市 アサマヤマの鉄蓋?(宇治岳道)

伊勢市 アサマヤマの鉄蓋?(宇治岳道)

 

【参考】

 

その後は地蔵町石を確認しながら・・・

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

宇治岳道は距離が長いがなだらかなので軽快に下ると伊勢志摩スカイラインに架かる清水橋を渡った。

伊勢志摩スカイラインに架かる清水橋、宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

伊勢志摩スカイラインに架かる清水橋、宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

この橋からの風景は素晴らしい。

伊勢志摩スカイラインに架かる清水橋から遠望する伊勢の町

伊勢志摩スカイラインに架かる清水橋から遠望する伊勢の町

 

あれに見えるのは朝に散策していた鏡宮神社付近、あそことあそこも・・・一望できる。

伊勢志摩スカイラインに架かる清水橋から遠望する伊勢の町

伊勢志摩スカイラインに架かる清水橋から遠望する伊勢の町

 

橋を渡った後も・・・

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

途中で小休止。

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

再び歩き始め・・・

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

あれに見えるは

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)から望む伊勢志摩スカイライン一宇田展望台

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)から望む伊勢志摩スカイライン一宇田展望台

 

伊勢志摩スカイライン一宇田展望台で、さらにその先には三重県営サンアリーナを望むことができる。

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)から望む伊勢志摩スカイライン一宇田展望台

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)から望む伊勢志摩スカイライン一宇田展望台

 

この後もだらだらの下り・・・

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

こんなところをバイクも走るのか?

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

楠部道との分岐に到着。

楠部道との分岐、宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

楠部道との分岐、宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

途中で恒例の廃車トラックに注目。皆さん興味深げだった。

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

荷台には木材が使用されていて、鉄は朽ちているが木は原形をとどめている。

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

道普請用のネコ等を眺めながら・・・

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

下る。下る。・・・

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

そして一丁地蔵町石を通り過ぎた。

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

【宇治岳道登り口】

ついに宇治岳道の登り口に到着。ここは

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

宇治岳道(朝熊峠〜登り口)

 

【神宮司庁付近】

神宮司庁の駐車場付近だ。

神宮司庁の駐車場付近

神宮司庁の駐車場付近

 

【赤福本店、周辺】

五十鈴川を新橋で渡ると案内人である松山さんが参加者を赤福本店へ招き入れた。

新橋(五十鈴川)

新橋(五十鈴川)

 

山行後の休憩はこちら。満席のなか

赤福本店にて

赤福本店にて

 

赤福をいただいた。一気にほおばると疲れた身体は一気に回復した。

赤福本店にて

赤福本店にて

 

しばしの休憩を終えると本日の「宮川流域案内人とともに 朝熊山に登ろう」は終わりを迎えようとしていた。

赤福本店

赤福本店

 

赤福本店を後にし、

赤福本店

赤福本店

 

おかげ横丁を通り抜けると

おかげ横丁の太鼓櫓

おかげ横丁の太鼓櫓

 

御幸道路を歩いて近鉄 五十鈴川を目指した。ただ、バスに乗車する参加者もいたのでこのバス停付近にて解散となった。「宮川流域案内人とともに 朝熊山に登ろう」終了! 「お疲れ様でした。」

BUS STOP 神宮会館前 三重交通 付近

BUS STOP 神宮会館前 三重交通 付近

 

我々歩行組は夕日を背に受けながら五十鈴川駅を目指した。当然ながらバス組は追い越して行った。彼等が乗っていたのは神都バス。今は路線バスと同一料金で乗車でき一度は乗ってみたいと思っているバスなのにチャンスを逸してしまった。(残念)

神宮会館前〜近鉄 五十鈴川駅

神宮会館前〜近鉄 五十鈴川駅

 

そして、徒歩組も午後5時前、近鉄 五十鈴川駅に到着。

近鉄 五十鈴川駅

近鉄 五十鈴川駅

 

以上で完全に終了となった。

強風にあおられたが、時間的にもゆったりとした山行で1日中、楽しめた!

「皆さん、お疲れ様でした」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です