古殿地の石は?、佐美長神社(伊雜宮 所管社)

2016年06月25日(土) 古殿地の石は?、佐美長神社(伊雜宮 所管社) (車、徒歩)

伊雑宮(皇大神宮 別宮)に続いて訪れたのは伊雑宮の所管社である佐美長神社。宮前書店の裏にある志摩市の敷地へ車を駐めると佐美長神社へ向かった。こんなところにも「伊雑宮 御田植祭」の幟が残されていた。

佐美長神社(伊雜宮 所管社)

佐美長神社(伊雜宮 所管社)

 

複雑な交差点の横断歩道を渡ると佐美長神社の鳥居をくぐった。

佐美長神社(伊雜宮 所管社)

佐美長神社(伊雜宮 所管社)

 

雨に濡れて滑りやすくなった石段を注意しながら一歩々々・・・

佐美長神社(伊雜宮 所管社)

佐美長神社(伊雜宮 所管社)

 

石段を上り詰めると視界が開ける。

佐美長神社および佐美長御前神社四社(伊雜宮 所管社)

佐美長神社および佐美長御前神社四社(伊雜宮 所管社)

 

左手に鎮座するのが佐美長神社で前方に見える四宇の小社は佐美長御前神社四社だ。

佐美長神社および佐美長御前神社四社(伊雜宮 所管社)

佐美長神社および佐美長御前神社四社(伊雜宮 所管社)

 

両社にお参りを済ませると以前から気になっていた

佐美長神社および佐美長御前神社四社(伊雜宮 所管社)

佐美長神社および佐美長御前神社四社(伊雜宮 所管社)

 

古殿地に置かれている石に注目した。

佐美長神社と古殿地(伊雜宮 所管社)

佐美長神社と古殿地(伊雜宮 所管社)

 

これ、

佐美長神社と古殿地(伊雜宮 所管社)

佐美長神社と古殿地(伊雜宮 所管社)

 

これだ。

古殿地に置かれている石(佐美長神社)

古殿地に置かれている石(佐美長神社)

 

佐美長神社以外でも自宅近くに鎮座する河原神社(豊受大神宮 摂社)の古殿池にも同様に置かれている。先日、河原神社の石を見かけたので気になってしまったのだろう。

【参考】

 

この後、志摩市歴史民俗資料館を訪れたのは尋ねる先は異なるだろうなと思ったのだが(伊雑宮で尋ねれば良かったのだが先に訪れていたので)、資料館で「佐美長神社の古殿地に置かれている石は何でしょうか?」と質問してしまった。すると、さすがに資料館でも即答ができなかったので館長の﨑川さんが調べますと私の疑問を受けとめてくれた。

翌日、早速に

「神さまがいたところに印がしてあります。
名前はありません。」との簡単な返事でした。

との回答をいただいた。(感謝)

佐美長神社としては的を得た回答である。お伊勢さん125社のなかで別宮までは覆屋が置かれているが、摂社・末社・所管社では佐美長神社と河原神社以外でこのような例はないのではないか。

すると、何故にこの印が置かれているか、誰かが石を置いたらそれが前例となり継続されているのか? そんな偶然性? 疑問の解が疑問を生み、疑問の連鎖は途絶えることはない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*