若宮神社(瀧原宮所管社)の鳥居が下賜されていた上社(伊勢市辻久留)

2016年10月30日(日) 若宮神社(瀧原宮所管社)の鳥居が下賜されていた上社(伊勢市辻久留) (車、徒歩)

週末の早朝参拝、こちらも坂社と同じで10月22日に遷座祭、翌日に奉祝祭を終えた上社(伊勢市辻久留)。

上社(伊勢市辻久留)

上社(伊勢市辻久留)

 

変化を期待せずに、御遷座までの8ヶ月ほどのお礼を述べるため

御遷座を終えた上社(伊勢市辻久留)

御遷座を終えた上社(伊勢市辻久留)

 

拝殿にてお参りした。

御遷座を終えた上社(伊勢市辻久留)

御遷座を終えた上社(伊勢市辻久留)

 

役目を終えた仮殿にもお礼を述べると境内を後に・・・

役目を終えた仮殿、上社(伊勢市辻久留)

役目を終えた仮殿、上社(伊勢市辻久留)

 

道路に面した大きな鳥居をくぐり返した際、脇の参道入口に建つ鳥居の前に立札らしきものの頭を見つけた。今まではなかったので近づいてパチリ。

若宮神社(瀧原宮所管社)より下賜された鳥居、上社(伊勢市辻久留)

若宮神社(瀧原宮所管社)より下賜された鳥居、上社(伊勢市辻久留)

 

やはり、こちらの鳥居の前にはこんな立札。

若宮神社(瀧原宮所管社)より下賜された鳥居、上社(伊勢市辻久留)

若宮神社(瀧原宮所管社)より下賜された鳥居、上社(伊勢市辻久留)

 

そこには「伊勢神宮 別宮 滝原宮内 若宮神社之鳥居」と記されていた。

「伊勢神宮 別宮 滝原宮内 若宮神社之鳥居」と記された立札(上社)

「伊勢神宮 別宮 滝原宮内 若宮神社之鳥居」と記された立札(上社)

 

若宮神社(瀧原宮所管社)では遷宮諸祭儀である御飾を拝観したことを思い出した。

【参考】

 

なお、上社に下賜された鳥居はこちらだ。

2014年11月08日 時点

造替された御船倉とこれから遷宮諸祭儀が斎行される若宮神社(瀧原宮所管社)

造替された御船倉とこれから遷宮諸祭儀が斎行される若宮神社(瀧原宮所管社)

 

【上社・上社稲荷大明神、御遷座までの経過】

 

Comments

  1. 地名の辻久留が気になりました。
    久留はいわゆる大国主神/出雲大神荒魂の事。
    近傍では鈴鹿市白子の久留真神社が大国主を祀る古社(雄略天皇の御代以前)
    ここから分霊を各地に分祀した事は史書にも明らか。
    久留の初出は、崇神天皇の御代に河内(大阪府富田林市)に天皇自ら創建に関わった
    美具久留御魂神社(出雲大神荒魂=大国主神)
    また、クルは鉄工に関連性のある地名だとも。
    同じシリーズ?でクラ、クリ(グリ)、クル、クレ、クロ。
    大国主神が大黒天と習合したきっかけ?もクロ(黒)が大国主神そのものの諱であり大和朝廷に最大限祟り為す(幽閉殺害したため)存在だったからでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*