立梅用水(たちばいようすい)、切り通しのその先は(多気町丹生)

2014年06月08日(日) 立梅用水(たちばいようすい)、切り通しのその先は(多気町丹生) (車、徒歩)

第18回大師の里・彦左衛門のあじさいまつり(立梅用水ボートくだり、田んぼの綱引き他)で田んぼの綱引きを観戦している際に次の説明板を見かけた。

「立梅用水と西村彦左衛門為秋翁」の説明板(多気町丹生)

「立梅用水と西村彦左衛門為秋翁」の説明板(多気町丹生)

飯南町の粥見で櫛田川から水を引き入れた水は約30km、立梅用水を流れて丹生へと辿り着く。この壮大な土木事業を立案し推進したのが西村彦左衛門為秋翁だとのこと。

 

「30km」の距離には魅力がある。しかし、ここから粥見まで遡るには調査も準備も不十分だ。とにかく、「この先はどうなっているのだろう?」、純粋な興味だけが私を動かした。田んぼの綱引き大会の見学を中断すると

水土里の祭典 彦左衛門の田んぼの綱引き大会会場付近(多気町丹生)

水土里の祭典 彦左衛門の田んぼの綱引き大会会場付近(多気町丹生)

 

立梅用水切り通し方向へ進んだ。斜面を上ると

「立梅用水切り通し」の説明板(多気町丹生)

「立梅用水切り通し」の説明板(多気町丹生)

 

立梅用水切り通しを見下ろすことができる。しかし、近づくと危険であるし、木々が生えているため上方からの詳細な観察が難しかった。

立梅用水切り通し(多気町丹生)

立梅用水切り通し(多気町丹生)

このビューでもいまいちよく分からない。

立梅用水切り通し(多気町丹生)

立梅用水切り通し(多気町丹生)

 

反対の坂道を下り振り返ってパチリ。

立梅用水切り通し(多気町丹生)

立梅用水切り通し(多気町丹生)

ズームで、

立梅用水切り通し(多気町丹生)

立梅用水切り通し(多気町丹生)

 

さらにズームで。手のみの跡が鮮明に見て取れる。

立梅用水切り通し(多気町丹生)

立梅用水切り通し(多気町丹生)

 

今まではこの場所止まりだったが、この先はどうなっているのだろう? 先へ進んだ。

立梅用水、切り通しから先の流れ(多気町丹生)

立梅用水、切り通しから先の流れ(多気町丹生)

 

左を見下ろすと臨時バスが停まっていた。そこは、私が消防車で送っていただいた場所だった。

立梅用水、切り通しの先から眺めた臨時バスの終着点(多気町丹生)

立梅用水、切り通しの先から眺めた臨時バスの終着点(多気町丹生)

立梅用水、切り通しの先から眺めた臨時バスの終着点(多気町丹生)

立梅用水、切り通しの先から眺めた臨時バスの終着点(多気町丹生)

 

立梅用水に沿って水の流れを追いかけていると、ここで左へ、

立梅用水、切り通しから先の流れ(多気町丹生)

立梅用水、切り通しから先の流れ(多気町丹生)

 

この先でもさらに左へ・・・。

立梅用水、切り通しから先の流れ(多気町丹生)

立梅用水、切り通しから先の流れ(多気町丹生)

 

そして、流れの先には

立梅用水、切り通しから先の流れ(多気町丹生)

立梅用水、切り通しから先の流れ(多気町丹生)

 

この分岐があり、左の分岐へ流れ落ちる水は

立梅用水、切り通しから先の分岐(多気町丹生)

立梅用水、切り通しから先の分岐(多気町丹生)

滝のように流れていた。

立梅用水、切り通し先の分岐から落ちた流れ(多気町丹生)

立梅用水、切り通し先の分岐から落ちた流れ(多気町丹生)

 

先ほどの分岐から道路へ下り、道路上から見上げると水の流れは分からないが、

道路を越える立梅用水(多気町丹生)

道路を越える立梅用水(多気町丹生)

水路にはたっぷりとした水が流れていた。

道路を越える立梅用水(多気町丹生)

道路を越える立梅用水(多気町丹生)

 

季節の花と共に!

道路を越える立梅用水付近からの風景(多気町丹生)

道路を越える立梅用水付近からの風景(多気町丹生)

 

用水がさらに続き

道路を越えた立梅用水(多気町丹生)

道路を越えた立梅用水(多気町丹生)

 

この先へと続いていた。

道路を越えた立梅用水、さらに続く(多気町丹生)

道路を越えた立梅用水、さらに続く(多気町丹生)

 

【 20140608 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*