仮遷座を終えていた上社(伊勢市辻久留)

2016年02月27日(土) 仮遷座を終えていた上社(伊勢市辻久留) (徒歩)

神社巡りの後半で上社(伊勢市辻久留)を訪れて

上社(伊勢市辻久留)

上社(伊勢市辻久留)

 

お参りしようとしたところ、「何かが違い」「いつもと違う・・・」 賽銭箱は無いし、あの未来的(?)な狛犬もいない。さらに、御神酒をお供えする瓶子を置くための案も無い。

仮遷座を終えていた上社(伊勢市辻久留)

仮遷座を終えていた上社(伊勢市辻久留)

 

そして、神様の気配も感じられない。

仮遷座を終えていた上社(伊勢市辻久留)

仮遷座を終えていた上社(伊勢市辻久留)

 

2015年10月03日時点

御神酒等が下げられた?(上社)

御神酒等が下げられた?(上社)

 

「そうか、早々と仮遷座が執り行われた?」と考えて周囲を確認すると拝殿の右側にはテントが張られ

上社の仮殿(伊勢市辻久留)

上社の仮殿(伊勢市辻久留)

 

仮殿が設置されていた。

上社の仮殿(伊勢市辻久留)

上社の仮殿(伊勢市辻久留)

 

その前には賽銭箱が置かれ、御神酒もお供えされていた。仮遷座を終えたことは確定だ。こちらでお参り。「それにしてもこの仮殿、どこかで見たような?」 壁面は新しい板材が張られているが柱と屋根は時間の経過を感じさせる状態だ。

上社の仮殿(伊勢市辻久留)

上社の仮殿(伊勢市辻久留)

 

さらに周囲を確認すると、まずは横板が外れかかった蕃塀。しかし、これは社殿とは関係なし。

上社(伊勢市辻久留)

上社(伊勢市辻久留)

 

続いては境内社の社を・・・。ここにも対象はない。

上社にまつられる各社(伊勢市辻久留)

上社にまつられる各社(伊勢市辻久留)

 

再度、仮殿を確認しても思い当たらなかったため、上社の境内地に隣接して鎮座するお伊勢さん125社(等美神社、大河内神社および打懸神社)にお参りしていると・・・

上社の仮殿となった御井の覆屋(伊勢市辻久留)

上社の仮殿となった御井の覆屋(伊勢市辻久留)

 

仮殿の元の姿を思い出した。それはこの御井の覆屋だったのだ。御井の四隅には

上社の仮殿となった御井の覆屋(伊勢市辻久留)

上社の仮殿となった御井の覆屋(伊勢市辻久留)

 

切り落とされた柱の跡。

上社の仮殿となった御井の覆屋(伊勢市辻久留)

上社の仮殿となった御井の覆屋(伊勢市辻久留)

 

以前はこんな風に打懸神社(豊受大神宮 末社)を望むことはできなかった。

覆屋が取り外された御井越しに望む打懸神社

覆屋が取り外された御井越しに望む打懸神社

 

スッキリとした雰囲気で各社を眺めた。

覆屋が取り外された御井越しに望む志等美神社、大河内神社および打懸神社

覆屋が取り外された御井越しに望む志等美神社、大河内神社および打懸神社

 

話を元に戻すと「上社の御遷座は 今年の10月22日」

上社御遷座の案内板

上社御遷座の案内板

 

【 20160227 の記録 】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*