本殿の柱の修繕が終了すると・・・、坂社(伊勢市八日市場町)

2016年08月14日(日) 本殿の柱の修繕が終了すると・・・、坂社(伊勢市八日市場町) (車、徒歩)

先週に見かけた本殿の柱の修繕を終えると全てが終わるのだろうと思いながら訪れた坂社(伊勢市八日市場町)。鳥居をくぐり、階段を進むと

坂社(伊勢市八日市場町)

坂社(伊勢市八日市場町)

 

蕃塀の手前右方向にこんな光景が広がっていた。子どもの遊び場には最高な感じに砂利が山積みされていた。

境内に現れた砂利の山、坂社(伊勢市八日市場町)

境内に現れた砂利の山、坂社(伊勢市八日市場町)

 

また、左側には古材だろうか?

拝殿前に残された古材?、坂社(伊勢市八日市場町)

拝殿前に残された古材?、坂社(伊勢市八日市場町)

 

かなり傷んだ状態の角材(柱?)が並んでいた。

拝殿前に残された古材?、坂社(伊勢市八日市場町)

拝殿前に残された古材?、坂社(伊勢市八日市場町)

 

さらに拝殿へ向うとここでも違和感? 「何だろう?」

移動した工事中の立札、坂社(伊勢市八日市場町)

移動した工事中の立札、坂社(伊勢市八日市場町)

 

その理由は、この「工事中」の立札の位置だった。(前回の記事と比較するとよく分かる。)

移動した工事中の立札、坂社(伊勢市八日市場町)

移動した工事中の立札、坂社(伊勢市八日市場町)

 

拝殿の先を眺めると

お白石が運びだされた幄舎、坂社(伊勢市八日市場町)

お白石が運びだされた幄舎、坂社(伊勢市八日市場町)

 

幄社の下のお白石は運びだされていた。

お白石が運びだされた幄舎、坂社(伊勢市八日市場町)

お白石が運びだされた幄舎、坂社(伊勢市八日市場町)

 

そのお白石は坂銀杏の前に広げられたブルーシートの上に集められていた。

幄舎から運びだされたお白石、坂社(伊勢市八日市場町)

幄舎から運びだされたお白石、坂社(伊勢市八日市場町)

 

坂銀杏の前からの光景は先週とは全く異なる雰囲気だった。変化を期待していなかったのに驚きの変化だ!

境内の変化、坂社(伊勢市八日市場町)

境内の変化、坂社(伊勢市八日市場町)

 

仮殿である坂之森稲荷大明神にお参りすると坂社の様子を確認した。

坂社と仮殿となっている坂之森稲荷大明神(伊勢市八日市場町)

坂社と仮殿となっている坂之森稲荷大明神(伊勢市八日市場町)

 

本殿では

お白石が運びだされた幄舎と柱の修繕を終えた本殿、坂社(伊勢市八日市場町)

お白石が運びだされた幄舎と柱の修繕を終えた本殿、坂社(伊勢市八日市場町)

 

棟持柱を含む全ての柱が修繕され、その根元には銅板が巻かれていた。

柱の修繕を終えた本殿、坂社(伊勢市八日市場町)

柱の修繕を終えた本殿、坂社(伊勢市八日市場町)

 

坂之森稲荷大明神を後にすると裏手に鎮座する伊勢上座蛭子社への参道を・・。その階段には敷鉄板が置かれていた。大量の砂利を運び込むためだろう。この鉄板はどのように吊り上げたのだろうか?

伊勢上座蛭子社への参道の階段に置かれた敷鉄板、坂社(伊勢市八日市場町)

伊勢上座蛭子社への参道の階段に置かれた敷鉄板、坂社(伊勢市八日市場町)

 

伊勢上座蛭子社側の参道を出るとここにも変化を見つけた。

新たに設置された「上座蛭子社」の社号板

新たに設置された「上座蛭子社」の社号板

 

新たな社号板が設置されていた。

新たに設置された「上座蛭子社」の社号板

新たに設置された「上座蛭子社」の社号板

 

【坂社、御遷座までの経過】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*