2010年〜2013年の記録は、『神宮巡々』をご覧ください。

先日の昼休みウォーキングで気になった大口橋から船江までの道

2017年08月12日(土) 先日の昼休みウォーキングで気になった大口橋から船江までの道 (徒歩)

午前中は自宅にて事務作業をこなすと午後からは、河邊七種神社での古文書の会(午後1時半〜)に参加するため少し早めに家を出た。それは寄り道したい場所があったからだった。

8月10日には昼休みウォーキングで久しぶりに大口橋を訪れた。今まで余り意識していなかったのだが、その先には船江への道が続いていた。どうしてもこのルートを記録に残しておきたい。何気ない道なのだが古くから多くの人に踏まれたのではないか。

大口橋はシンフォニアテクノロジー伊勢の敷地に隣接する水路(川)に架かる橋だ。工場の敷地を背にすると真っ直ぐにのびる道は国道23号に分断されるもさらにその先へと続いている。その分断がこの道の古さを物語っているのだろう。

2017年08月10日

大口橋(伊勢市竹ヶ鼻町と小木町との境界)

大口橋(伊勢市竹ヶ鼻町と小木町との境界)

 

橋を渡って振り返れば目の前にはシンフォニアテクノロジー伊勢工場が広がっている。

2017年08月10日

大口橋(伊勢市竹ヶ鼻町と小木町との境界)

大口橋(伊勢市竹ヶ鼻町と小木町との境界)

 

シンフォニアテクノロジー(旧神鋼電機)の伊勢工場がこの地に開設されたのが1941年だがこの橋の親柱には「大正十三年(1924年)」の文字が刻されている。つまりこの橋は工場ができる前から存在していたことになる。地図で確認すると大口橋から工場の敷地内をまっすぐに進めば大口神社の近くにたどり着く。さらにその先で神社港へと通じていたのだろう。つまり、この道は神社港から船江へと通じる古い道なのでははいか? ただ、それだけの理由で歩きたくなったのである。

【参考】

 

また、話が寄り道にそれてしまうがシンフォニアテクノロジーは今年が創業100周年で、鳥羽の賀多神社から豊栄稲荷神社を鳥羽工場の敷地内に御遷座(もともとその地にまつられていたそうだ)したことを思い出した。

 

【参考】

 

大口橋を後にするとここで国道23号に分断される。しかし、前方では明らかに道が続いている。

2017年08月10日

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

ここは大口橋から進み国道23号を越えた場所だ。この付近には横断歩道が無いため、今となっては交差点へと遠回りしなくてはならない。そのため、本日のスタートはこの地点となった。国道23号を背にすると

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

昼休みウォーキングで歩き慣れたルートへと進んだ。ここからは道なりに・・・

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

しばらくすると右側にこの道標が現れる。この先の社叢が箕曲神社だ。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

箕曲神社参道の入口を後にしてさらに進むとこの先で道幅が微妙に変化する。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

その付近から左手を眺めるとすでに稲刈りが開始されていた。今年初めて目にする稲刈りだった。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

さらに先へ進むと道は大きく左へとカーブする。カーブする手前右側には車一台がやっと走れる農道のような細い道がある。私は道なりに左へと進むと

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

次の丁字路で

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

こちらの道標を見ることができる。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

道標を過ぎてさらに進むと緩やかな上り坂、その先には桧尻川に架かる小木橋に至る。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

こちらは桧尻川の上流方向、ここは上も下の桜の時季は美しい。左岸にしか咲かないのも一興か。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

【参考】

 

桧尻川の先は道が湾曲し、昔からの道であることをさらに実感する。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

こちらで左へ折れれば

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

その先は河崎だ。ここは曲がらずに

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

直進すると

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

左側には懐かしい雰囲気の食堂、

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

右側には浜田公園がある。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

さらにその先で船江上社の朧ケ池から天神橋の流れを越える。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

天神橋方向をパチリ。

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

十字路を越えると

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

その先でこちらに突き当たる。左へ進めば伊勢河崎商人館の駐車場へ、右へ進めば八間道路の船江交差点。昔はどちらへ向かったのか?

大口橋から船江までの道

大口橋から船江までの道

 

この先のルートが読めなかったので、北新橋(勢田川)方向を選択すると

北新橋(勢田川)へ(伊勢市河崎)

北新橋(勢田川)へ(伊勢市河崎)

 

こちらを右折して河邊七種神社へ向かった。

北新橋(勢田川)付近(伊勢市河崎)

北新橋(勢田川)付近(伊勢市河崎)

 

何気ない生活道路だけど昔からの道、とても興味深い。

先日少しだけ歩いた古市街道からの横道など、メジャーでは無く取り立てて名所もない普通の道、しかし昔から踏まれているような道を選んで歩いてみたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*